2019/6/10 オーダー品の一例に福井S様
2019/5/22 工房便り(新緑の季節)
2019/4/15 中条小冊子に掲載されました
2019/4/2  展示会のお知らせ
2019/3/5  ホームページ開設

2019/4/12(金)~4/20(土)copse(練馬)さんで展示会を行います

筒井幸彦
カゴ作家である娘に習い、山葡萄のカゴを編み始める。国産である長野の山葡萄の蔓を使用。
持つ人に喜んでもらえるカゴを、作ることを念頭にカゴと向き合う。

工房から始まる

今では、すっかり希少になった山葡萄のツルを使ってカゴを編んでいます。
長野で生まれた山葡萄の蔓は、使い込むほど、しなやかさを増していきます。
自然に魅せられ、自然で遊び、自然と共存することが、とても楽しい毎日です。

カゴが出来るまで

ひとつの山葡萄のカゴが出来るまで、たくさんの物語があります。
色々な工程を経て、カゴが出来上がります。
出来上がったカゴを喜んでもらえる人がいたら・・
だからこそ、愛おしく長くそばに置いてもらいたいと思うのかもしれません。

自分スタイル

カゴの大きさやスタイルの好みは、人それぞれ・・
自分の持ち物にあった大きさや、自分の好みにあった編み方・・
もしも世界にひとつだけの自分好みのカゴが持てたら・・
そんな夢を叶えてみませんか?

カゴのある風景

天然の素材で出来たカゴは、どんな風景にも溶け込むように思う。
普段の何気ない風景にも彩りを添えてくれる。
さあ、今日もカゴを持って出かけよう。
きっと、とびっきりな日になるような気がする・・

オーダー品の一例

(写真クリックで大きな画像を表示します)